俵大洋(msb Tamachi店 店長)

地域のみなさまにもっと愛されるお店を作っていきたい

自己紹介をお願いします。

俵大洋、36歳です。2013年の春、(株)マザーレストランツに入社しました。

ありがとうございます!大洋店長はKNOCKに入る前は別のイタリアンレストランで働いていたそうですね。KNOCKを選んだ決め手は何でしたか?

KNOCKに入るキッカケは紹介でしたが、入社したいと決めた一番の理由は、当時(2013年)のKNOCK六本木本店の熱気と活気でした。
入社後は毎日がとても忙しく大変でしたが、それ以上に楽しかったです。個性あふれる横山さんやジュンさんが、お客様を楽しませている姿が印象的でした。

2014年に東京ミッドタウンに2号店をオープンすると決まった時、店長に抜擢されましたね。当時のこと、教えてください!

東京ミッドタウンに出店する話が出た時に、「自分がやりたい」と手を上げました。実際にオープンした後は、毎日が必死でした。
KNOCKに入る前に他のお店で店長をやったことはありますが、東京ミッドタウン店のような大きな規模のお店で店長をさせていただくのは、初めてのチャレンジでした。

プレッシャーは日々感じていましたが、一緒にお店を立ち上げたメンバーはもちろん、六本木本店を盛り上げ続けながら新店舗のフォロをーしてくれたメンバーも、『KNOCK 東京ミッドタウン店を絶対いいお店にしたい!』という気持ちが一番にあったので、その目標に向かっていけました。
大変なことはたくさんありましたが、すごく楽しかったです!自分の中で、特別なお店です。

大洋店長の「こんにちはー!」という元気な声は、KNOCKに到着する前から聞こえていました!(笑)
2017年夏に、西店長(現在のKNOCK 東京ミッドタウン店店長)に、店長をバトンタッチしましたね。その時のお気持ちはどうでしたか?

西店長に任せることに不安はありませんでした。西店長はKNOCCK 東京ミッドタウンのオープン時から共に頑張ってきた仲間なので、西店長のことを十分に信頼していました。
寂しい思いは、少しありましたが…それ以上に、KNOCK 東京ミッドタウン店が新しく違う形で進化することが楽しみでした。

写真: 左が大洋店長(当時)と、右が西店長(現在のKNOCK 東京ミッドタウン店店長)

「左が大洋店長(当時)と、右が西店長(現在のKNOCK 東京ミッドタウン店店長)」

KNOCK 東京ミッドタウン店は2019年9月に改装リニューアルをして、また一つ進化しましたね!
さて、昨年11月には4号店であるKNOCCK 田町店の店長に抜擢されましたが…2度目の新店舗立ち上げはどうでしたか?

…大変でした!!(笑)
KNOCK 東京ミッドタウン店の時と違うのは、六本木エリアと比べて、田町エリアのオフィスで働いている方々にはKNOCKの認知度が低かったことです。それに対しての不安はありました。
無事にオープンした後は、有難いことに忙しい日々が続きました。KNOCKが持つパワーはすごいと改めて認識しました。

そして、一緒に働いているメンバーたちの底力がすごいと改めて感じ、周りの仲間たちの強さに目を向けるようになりました。
まだまだ自分たちは頑張らなくてはいけないし、これから様々な可能性のあるお店だと思っています!

KNOCK 田町店がオープンしてから、2019年11月には早1周年!1年間を通して、KNOCK 田町店はどのようなお店になりましたか?

近隣に住んでいる方々に、徐々にKNOCKがちゃんと受け入れられてきたと実感しています。
例えば週末必ず来てくださるご家族…そのご家族の生活ルーティーンに、KNOCKを入れていただけている事が嬉しいです。
もちろん慢心してはいけません。もっと多くのお客様に愛されるお店を作っていかなくてはと思います。

オフィスワーカーの方々に対しては、まだまだ自分たちにできることや、その方々がより喜んでいただけるサービス・アイディアがあるのではないか…という課題があります。
田町エリアで生活をする方々にもっと認知され、居心地のいいお店だと思っていただけるように努力していきたいです。
1年前も今も、その気持ちは変わらず持ち続けています。

KNOCK 田町店は、天井までぎっしり詰まったワインの棚も魅力の一つですよね。
特にこだわっていることはありますか?

同じワインばかりにせず、色々な種類のワインを置いています。
そしてお客様が普段ご自分では見つけられないようなワインや、ストーリー性のあるワインを置いています。
KNOCKというお店もお料理も、それぞれにストーリーがある事と同様に、
そのワインが出来るまでの、生産者さんのストーリーをお話できるワインを、これからも置いていきたいです。

外国のお客様が多いこともあり、日本ワインの種類も増やしています。
ジュンさんが日本のワインにとても注目しているので、ジュンさんからも教わっています!

大洋店長がKNOCKに入社した時と比べて、お店の規模もスタッフの数も増えていますね。

僕が入社した2013年は、僕を含めて正社員は4名でした。

現在は正社員45名、アルバイトスタッフを含めて約90名!お店が増えて、KNOCKは新しいことにも挑戦し続けている中で、大洋店長が変わらず大切にしている想いがありましたら教えてください。

【誠実である】ということを、ずっと心がけています。お客様に対して、仲間に対していつも誠実でいなくてはいけない。「飲食店だから」ということでも、無いですね。
皆、日々働いているなかで大変なことや目を背きたいことはたくさんありますが、逃げることは簡単です。逃げずに、誠実に向き合う気持ちを大切にしていきたいです。

ありがとうございます!では、最後に…
大洋店長にとっての、スペシャルがあなたをノックアウト!スパゲッティーニは?

【ポークラグー・ピカンテーゼ】です!!!

KNOCKで人気のポークラグー・ピカンテーゼ。このパスタのネーミングは大洋店長なのです!
これからKNOCKで働きたいと思ってくださる方に、一言お願いします!